SEOコンテンツ

重複コンテンツに注意!

重複コンテンツに注意!SEOを成功させるために重複を避けよう

SEOを改善するにあたって、「重複コンテンツ」の存在について知っておくことは助けになります。重複コンテンツとは「内容が他のページとほとんど被ってしまっているコンテンツ」のことです。重複コンテンツがあるとSEO的に不利になってしまい、サイトへの評価を上げ止めしてしまう恐れがあります。

この記事では重複コンテンツとはどんなものか、どのように発生するか、そしてどうしたら重複コンテンツを避けられるかを説明します。

1.重複コンテンツとは?

重複コンテンツとは?

先述のように、重複コンテンツとは「内容が似通ってしまったコンテンツ、あるいは完全に同じ内容のコンテンツ」のことです。その特徴から「コピーコンテンツ」とも呼ばれることがあります。Googleの公式ページによると以下のようにも説明されています。

「重複するコンテンツとは、ドメイン内または複数ドメインにまたがって存在する、他のコンテンツと完全に同じであるか非常によく似たコンテンツのブロックを指します。」

重複コンテンツが生まれる理由はいろいろとあります。Googleの公式見解によると、その多くは偽装を意図したものではありません。偶発的、ないしはちょっとしたサイト設定の問題で生まれる結果です。例えば以下のような場合に重複コンテンツが発生します。

  • 同言語を使う複数国家向けのコンテンツが同じドメインに置いてある
  • 「WWW」があるURLとないURLが混在している
  • ウェブページの印刷用バージョン
  • 他社のサイトに自社サイトのコンテンツを提供している
  • パソコン用ページとスマホ用ページとの重複

他にもいろいろな理由があります。中には上位表示させようとして意図的に複数ドメインで同じコンテンツをコピーしているケースもあります。しかし重複コンテンツの発生そのものはGoogleに自動的に「偽装行為」とみなされるわけではありません。

重複コンテンツはSEO的にデメリットがある
とはいえ重複コンテンツはSEO上良いものではありません。というのは重複しているページはどれか1つしか「正規のページ」として検索結果に表示されません。またサイトへのリンクが貼られている場合、それが分散してSEOの質が落ちてしまうこともあります。さらに重複コンテンツが多すぎると意図的に偽装行為をしているとみなされてペナルティを受ける恐れがあります。

ポイントは、Googleは「できるだけ固有の情報を有する良質の記事」を上位表示させたいという点です。重複コンテンツのように内容が似通った情報を上位表示させていては検索ユーザーの満足度を高めることはできません。ですから意図的な偽装であれ自然な結果であれ、重複コンテンツは評価を下げることにつながります。

2.重複コンテンツを避けるための対策

重複コンテンツを避けるための対策

重複コンテンツを避ける方法はいろいろとあります。代表的な対策をいくつかご紹介しましょう。
Googleのサーチコンソールというページにアクセスして、重複するメタデータやタイトルタグの重複を確認できます。

・「sujiko.jp」でchrome報復度をチェックする
このサイトを使うとページの類似度が表示されるので、重複コンテンツにならないようにページ構成を調整できます。

・301リダイレクト&canonicalで正規化する
もしWWWの有無やスラッシュの有無などURLの問題で重複コンテンツが発生しているのなら、URLの正規化を行えばOKです。一つのURLだけを検索ユーザーのアクセス対象にしたい場合は301リダイレクトを使います。もし別々のURLで同じコンテンツを使うなど複数のURLが必要な場合は、「canonical」という記述方法を使うと検索エンジンに正しく読み取ってもらえます。

・パソコン用とモバイル用の別々のページ設定をする
もしパソコン用とスマホなどモバイル端末用にページを作って、かつ重複コンテンツにしないためには、「アノテーション」を行います。パソコン向けページを記述する時に、モバイル端末向けのURLに対して「link rel=“alternate”」を書きます。一方、スマホ向けページの要素には、パソコン向けURLに対して「link rel=“canonical”」を記述します。

これらは対策の一例です。他にも状況に応じた対処法が様々にあります。

3 .まとめ

重複コンテンツは頻繁に発生するネット現象ですが、SEOの観点から言うとできるだけ自社サイトにおける重複コンテンツの発生を避けたいところです。発生原因を突き止めて適切な対応をしなければなりません。

もし重複コンテンツの対策が難しいと思える場合は、「記事作成代行Pro」などSEOを意識した記事代行サービスを活用するのも手です。プロの業者はかなりのバリエーションがあるSEO対策に精通しているので、重複コンテンツを避けながら、上位表示されるサイト作りを手掛けてくれます。

自分でやる手間や時間を考えるとプロに外注する方がスムーズなので、一度検討してみるのはいかがでしょうか。

関連記事

  1. SEO&コンテンツマーケティングの相場を公開!

    SEO&コンテンツマーケティングの相場を公開!コスパの良い会社も紹介

  2. SEOを行うコンテンツタイプとは?

    SEOを行うコンテンツタイプとは?目的に合わせたコンテンツ制作がカギ

  3. 【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

    【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

  4. 導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性

    導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性について解説

  5. SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介

    SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介!まずはここから始めよう

  6. コンテンツマーケティングとはどんなもの?

    コンテンツマーケティングとはどんなもの?具体例を交えて解説!

PAGE TOP

SEOコンテンツ

コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!依頼先の決め方とは

コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!

SEOコンテンツ

コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

SEOコンテンツ

導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性について解説

導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性

SEOコンテンツ

SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介!まずはここから始めよう

SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介

SEOコンテンツ

【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説