SEOコンテンツ

類似コンテンツはSEO上マズイ!

類似コンテンツはSEO上マズイ!回避するための工夫を解説!

ネットの世界にはありとあらゆる情報があふれていますが、膨大な量のページが存在すると、似通った類似コンテンツが発生してくることがあります。類似コンテンツそのものの発生はGoogleにとってペナルティ対象にはなりません。しかしSEOを本格的に行う場合、類似コンテンツはできるだけ避けたいものの一つです。

この記事では類似コンテンツを発生させないためにできる具体的な対策をいくつかご紹介します。また新規ページを作成する場合に役立つ、記事作成代行サービスについても解説します。

1.類似コンテンツの発生要素

類似コンテンツの発生要素

類似コンテンツは同じドメインであれ違うドメインであれ発生する可能性があります。例えば以下のような事例で類似コンテンツまたは重複コンテンツが生まれます。

ドメインが同じで下層ページで共通コンテンツを利用

  1. https://www.〇〇〇.com/service/○○
  2. https://www.〇〇〇.com/service/○○/〇〇〇

1番のURLと2番のURLとでは、「〇〇〇.com」という箇所でURLが共通しています。しかし2番のURLでは1番のURLの下層ページにおいて同じコンテンツが使われる可能性があります。このような場合、重複コンテンツとなります。

ドメインが違うが共通コンテンツを使用

  1. https://www.〇〇〇.com/service/○○
  2. https://www.〇〇〇.co.jp/SEO

このパターンの場合、「〇〇〇.com」と「〇〇〇.co.jp」という2つの異なるドメインが存在していますが、両方において共通するコンテンツを使用していればやはり重複コンテンツになります。

他ページのコンテンツを参照して類似してしまう
あるキーワードを使った記事を作成する時に、すでに上位表示されている記事を参照することがあるでしょう。その場合結果的に内容が酷似してしまって類似コンテンツになる場合があります。

他サイトへのコンテンツ提供
他のサイトにコンテンツを提供した結果、検索エンジンに重複しているとみなされます。

2.類似コンテンツの回避方法

類似コンテンツの回避方法

類似コンテンツや重複コンテンツを避けるには以下のような方法が取れます。

301リダイレクトの利用
301リダイレクトは通常URL変更時の転送処理に使いますが、重複コンテンツ回避にも有効です。例えば以下の3つのURLで同じコンテンツが表示されるとします。

  1. http://www.〇〇〇.com
  2. http://〇〇〇.com
  3. http://www.〇〇〇.com/index.html

このような場合に301リダイレクト設定をすれば一つのページに被リンクなどが集中するのでSEO的に有利です。

記事のリライト
もし特定の商品やサービスに関するページが類似コンテンツになる可能性があるなら、リライトするのも手です。

インデックス削除
コンテンツが重複している場合、もしGoogleにインデックスされる必要がないページがあるなら、「noindex」という設定をすることでインデックス削除が可能です。これを行うとSEO的に問題になりません。

「CopyDetect」などの類似表現チェックツールの使用
自社サイトと他のサイトとの記事の間に重複や類似がないか、ある場合はどれくらいの割合で似通っているのかをチェックするツールがあります。こうしたツールを使うと、表現を少し変えただけのコピペがないか見つけることができます。

記事作成代行サービスを使うのも有効

記事作成を代行してくれるプロの業者が存在しますが、そのような業者に新規記事作成や記事のリライトを依頼するのも類似・重複コンテンツを回避する良い方法です。プロの業者はSEOに特化した文章作成を得意としているので、SEO上マズいコンテンツに仕上がることはありません。

記事作成代行Proは実績十分の業者

代行業者の一例として「記事作成代行Pro」をご紹介します。この業者は「OFFICE110」や「井上巨峰園」「長崎淡水」「100円引越し」など様々なサイトにおいて制作実績がありますが、PV数やアクセス数を軒並み数十倍~数百倍アップさせた実力派の業者です。

相場よりも安い単価での記事作成を心がけていて、すべての記事にSEO対策を施しています。新規記事作成はもちろん、リライトにも対応してくれるので、既存の記事に対策を施してもらう事もできます。

新規の場合はテストライティングを無料で利用出来たり、新規割引が適用されるなど様々な特典がついています。スムーズにSEO対策をする場合に便利なので、一度検討してみるのはいかがでしょうか?

公式サイト:https://article-pro.com/

3 .まとめ

類似コンテンツはGoogleのペナルティの対象になるわけではありません。とはいえ、同一のコンテンツや類似コンテンツは上位表示を狙う上での足かせになる恐れがあります。そのため、紹介したような対策を講じる必要があります。

もし対策を講じるよりも、最初から類似・重複コンテンツを予防したいというのであれば、プロの記事作成業者の協力を仰ぐのも良い手です。

関連記事

  1. 導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性

    導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性について解説

  2. コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

    コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

  3. SEO&コンテンツマーケティングの相場を公開!

    SEO&コンテンツマーケティングの相場を公開!コスパの良い会社も紹介

  4. コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!

    コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!依頼先の決め方とは

  5. 【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

    【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

  6. 重複コンテンツに注意!

    重複コンテンツに注意!SEOを成功させるために重複を避けよう

PAGE TOP

SEOコンテンツ

コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!依頼先の決め方とは

コンテンツマーケティング&SEOは外注が便利!

SEOコンテンツ

コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

コンテンツマーケティングの4つのメリット2つのデメリット

SEOコンテンツ

導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性について解説

導入必死!SEO&コンテンツマーケティングの重要性

SEOコンテンツ

SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介!まずはここから始めよう

SEOとコンテンツマーケティングの手順を紹介

SEOコンテンツ

【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説

【初心者向け】SEOとコンテンツマーケティングの基礎をかみ砕いて解説